2013年04月01日

国民年金の免除には注意が必要【年金額が減る】

国民年金は正式に免除されている場合、年金額が減るということに注意しましょう。

保険料を納めていなければ年金が減ってしまいますが、それ以外にも年金額が減る可能性があります。
国民年金保険料を免除されている人、あるいは以前に免除されていた人も多いと思います。
学生は正式な手続きを踏めば保険料を納めなくてもよいですし(将来追納すればいい)、所得の少ない人も年収に応じて国民年金保険料の免除を段階的に受けることができます(保険料の免除制度がある)。
ところが、この免除は要注意です。
保険料を未納するよりはいいのですが、満額の年金額からは遠ざかることになります。
免除を受けている人がもらえる年金額は、実際の年金額の2分の1だからです。
2分の1というのは、国の税金が2分の1、本人の保険料が2分の1で国民年金の給付をまかなっていることによります。
国民年金保険料を部分的に免除されている人はその割合に応じて年金額が増えます。
保険料を半額免除されていた場合、全体としては4分の3がもらえる、という感じです。
所得が少ないなどの理由で正式な保険料免除を受けているのだから、将来の年金額は満額もらえてもいいと思ったりもしますが、国の仕組みはそうなっているようです。
「学生だから免除手続きをしたので大丈夫」と思っていると、2年間の保険料に見合った年金額相当の約4万円のうち2万円は受けられないということになります。
寿命を考えると得する可能性のほうが高いのが国民年金保険料です。
納められるなら、国民年金保険料は納めておいたほうがいいかもしれません。
また、国民年金については付加年金という制度があり、毎月400円を追加して納めておくと、1カ月の納付あたり年金額が200円増えるという仕組みです。
これも標準的には男性が18年、女性が23年は年金をもらえることを考えれば、明らかに得をする制度です。
積極的にPRされてはいませんが、自営業者として働き続ける場合は追加しておいてもいいかもしれません。

おすすめ投資信託資産運用おすすめ海外ETFETFメリット
債券ETFETF銘柄REITおすすめREIT ETF
株式投資信託株式ETFJREITJREIT魅力
米国優先株お金持ちになる方法社債購入方法老後資金
債券ETFお金の増やし方インカムゲインETFでお金を増やすETF
債券投資外国債券投資債券投資外国債券ETF海外ETF銘柄
米国債投資高利回り債券


posted by hgty at 21:53| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

東証ETFの銘柄の充実と指標連動証券(ETN)

東証ETFの銘柄は充実しきています。
日興アセットマネジメントの「上場インデックスファンド日経中国関連株50」
ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーの「SPDR S&P500 ETF」
などもその銘柄のひとつになります。
「上場インデックスファンド日経中国関連株50」を利用して、中国で積極的に事業展開している日本企業群への投資ができるようになりました。
「SPDR S&P500 ETF」は、世界最大のETF銘柄ですが、本国・米国との重複上場でニューヨークと東京での時間差を利用した鞘取りが活発化する可能性があります。
東証ETFの銘柄で、いろいろ活用できそうな銘柄が増えてきました。
さらに、野村アセットマネジメントの
「NEXT FUNDS タイ株式SET50指数連動型上場投信」
「NEXT FUNDS FTSEブルサ・マレーシアKLCI連動型上場投信」
これらは東南アジアのタイ、マレーシアの代表的な株価指数との連動を目指すETFで、目覚しい飛躍をとげる新興国企業の成長に対し、身近に投資することが可能になります。

次に指標連動証券(ETN)です。
ETNは、Exchange Traded Noteの略で、上場投資証券とも呼ばれています。
ETFに次ぐ商品として世界各国で活発に取引が行われている金融商品です。
ETFのファンド(Fund)の部分がノート(Note)となっていますが、これは日本の債券タイプの証券を指す言葉です。
ETNは、ETFと同様に、特定のインデックスと連動するようになっていますが、ノート(債券)の価格が特定のインデックスに連動することを発行者である金融機関が保証することで成立しています。
つまり、インデックスからの乖離はないという特長がある半面、発行金融機関の信用力が常に問われる金融商品です。
また、ノートであるため、投資信託と異なり裏付資産を持たないが、機動的な発行が可能で、現物の投資が難しい資産などのインデックスを対象にしたETNを組成することも可能といわれています。

金持ちサラリーマン 副業米国債購入社債投資老後の必要資金
外国債券投資信託海外株購入失敗しない不動産投資高金利ファンド


posted by hgty at 18:04| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

投資信託の種類は大きく分けると3種類

投資信託にはどんな種類があるのかというと、大きく分けると3種類の投資信託の種類があります。


安全姓の高い短期資産に投資するMRF・MMFなど

MRF(マネー・リザーブ・ファンド)は、投資家が証券会社に総合口座を持つと証券売却代金や利子・配当などが自動的に振り込まれて運用される投資信託です。
信用度が高く満期までの期間が短い低リスク債券で運用されます。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)は銀行などでも取り扱っており、比較的安全性の高い短期債券などで運用されます。
両方とも出し入れ自由でいわばサイフ替りに利用できる投資信託といえます。


国債や社債に投資する債券投資信託

債券投資信託は、満期までの期間が長く短期債より利回りが高い(その代わり値動きがある)国債や社債などに投資する投資信託です。
日本の国債を中心に運用する安定性の高い投資信託から、外国の国債などに投資する投資信託(為替変動の影響を受ける場合がありあります)、信用度の低い高利回り債に投資する投資信託など様々な債券投資信託あります。
人気の高い毎月分配型投資信託も多くは債券投資信託です。


値上がりや配当に期待できる株式投資信託

株式投資信託は文字どおり株式に投資する投資信託で、債券投資信託などにくらべ値動きが大きく、長期的には高いリターンが期待できろとされている投資信託です。
幅広い株式を対象としてファンドマネージャーが投資銘柄を選び抜く一般的な投資信託のほか、配当の高い株式に投資する「好配当株式投資信託」や、中国やインドの株式に投資する投資信託などもあります。
また取引所に上場されて株式と同じように取引きできる「ETF」もあります。

投資信託の商品はバラエティに富んでおり、個人投資家は自分の投資目的に合わせて投資信託を選べます。
投資信託に限ったことではありませんが、極力リスクを避けるなら低いリターンで我慢しなければなりませんし、リスクをある程度取ればチャンスも広がります。
posted by hgty at 01:02| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。