2011年04月01日

TTBとTTS

TTB(Telegraphic Transfer Buying)とは、銀行などが外貨預金をする預金者から外貨を買い取る為替レートのことです。
例えば、外貨預金をしている外国為替を円に戻すときのレートです。
仲値はTTMと呼ばれています。
TTBとTTMの差額が銀行側の為替手数料(スプレッド)となります。
TTS(Telegraphic Transfer Selling)とは、銀行が外貨預金をする投資家に対して円を外貨に交換する際に参照する為替レートのことです。
例えば、銀行が投資家に販売する為替レートのことです。
このTTSとTTM(仲値)の間の差額はスプレッドとして銀行側の手数料となります。


posted by hgty at 19:34| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

インデックスリンク債 債券

為替、金利、株式などのインデックスの動きにより償還額や利率などが増減する債券のことです。
先物、オプション取引などのデリバティブが発達したことも手伝い、株価が下がれば運用成績が向上する投資信託などさまざまな金融商品が発売され、投資家の選択の幅が広がっています。
posted by hgty at 21:59| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

アクティブ運用

アクティブ運用とは、日経平均株価やニューヨークダウなどベンチマークと呼ばれる運用成績を評価する基準指数より高い収益をねらう運用手法のことです。
運用責任者が独自の判断で銘柄を絞り込んで投資するため、ベンチマークを超える高い収益を得られる場合もありますが、損失を被るケースも多いです。
posted by hgty at 00:24| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。