2015年02月21日

アクティブ運用とパッシブ運用

投資においてアクティブ運用とは、ベンチマークを上回る運用成果を目指す運用手法です。
アクティブ運用においては、ファンドマネージャーが、独自の判断や投資戦略に基づき、国別配分、業種配分、銘柄選択を行い、個別銘柄やある特定のセクターへの配分を行うことでアクティブ・リスクを取って運用を行っています。
アクティブ・リスクとは、ベンチマークに対してファンドのリターンがどの程度乖離しているかを示す指標です。

パッシブ運用とは、日経平均株価やシティグループ世界国債インデックスなどの市場指数と連動した投資成果を目指す運用手法のことをいいます。
インデックス運用ともいわれています。
日経平均株価やTOPIXなどインデックスの値動きに連動した運用成果を目指す運用をいいます。
株価指数連動型上場投資信託であるETFは日経平均株価やTOPIXといった市場全体の値動きを示す指数との連動を目指すインデックス運用の代表的な投資信託になります。

株式投資で儲からない
米国株 高配当銘柄
学費負担の軽減方法
リストラからの再就職
おすすめの株式投資
ワンルームマンション投資
サラリーマンが副収入を得る方法
グーグルアドセンスで稼ぐ方法
posted by hgty at 23:53| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。