2014年12月31日

投資法 ドルコスト平均法

リスクとは、将来期待しているリターン(収益)が上下にぶれることです。
リスクが大きいということは、「リターンが期待以上に大きくなることもあれば、逆に大きく減ることもある」ということになります。
リスクを減らして、リターンの確実性を高めたいと考えるのであれば、資産の買い方を考えることです。

リスクを少なくする方法の1つは、なるべく安く買うことです。
安く買えばそれだけ価格があがる可能性が高まり、リターンを得る可能性も高めることができます。日々価格が変動し、しかもその変動が予想できない場合には、買うタイミングを分散することが、結果的に安く買えたという結果につながることが期待できると言われています。

これを最も効果的に実践しているのが、月々一定額を買い足していく「積立投資」です。
この月々一定額を買い足していく投資法を「ドルコスト平均法」ともいいます。

買われている株式銘柄の株価が上昇する
アメリカ株高配当銘柄
高等学校等就学支援金
再就職 成功
株式投資に便利でお得なツール「海外ETF」
中古ワンルームマンション投資が失敗しない

posted by hgty at 11:47| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。