2011年04月01日

TTBとTTS

TTB(Telegraphic Transfer Buying)とは、銀行などが外貨預金をする預金者から外貨を買い取る為替レートのことです。
例えば、外貨預金をしている外国為替を円に戻すときのレートです。
仲値はTTMと呼ばれています。
TTBとTTMの差額が銀行側の為替手数料(スプレッド)となります。
TTS(Telegraphic Transfer Selling)とは、銀行が外貨預金をする投資家に対して円を外貨に交換する際に参照する為替レートのことです。
例えば、銀行が投資家に販売する為替レートのことです。
このTTSとTTM(仲値)の間の差額はスプレッドとして銀行側の手数料となります。


posted by hgty at 19:34| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。